今度こそ挫折したくない…様々なダイエット法を紹介

ダイエット

誰もが一度は考えたことがあるであろう、ダイエット。
世の中には本当にたくさんの種類のダイエット情報があふれています。
どんなダイエット方法があるのが、まとめていきます。

レコーディングダイエット

記録し、客観的に情報を分析する

レコーディング・ダイエットとは、岡田斗司夫が著書『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社、2007年。ISBN 978-4106102271)で紹介したダイエット法である。2006年4月頃より、岡田斗司夫が実践・開発したダイエット法の一つで、日々摂取する食物とそのエネルギー量を記録することで、自分が摂取しているエネルギー量、食事の内容、間食などを自覚し、食生活の改善につなげるというものである。(wikipediaより引用)

このダイエット法の特徴としては、レコーディング=記録するという名の通り、『日々食べたものを記録し続ける』事です。
人の記憶力は自分で思っているより曖昧なもので、特に意識をしていないことに関してはあっという間に忘れてしまいます。
記録することによって、自分の食生活を客観的に見て把握することができます。
カロリーは適正な量だったか?
バランスはきちんと取れているか?
摂取時間は適正なのか?
これらは記録し、継続して分析することによって改善につながります。

無駄遣いを無くす方法として、自分が何にお金を使ったのか1円単位で記録していくだけで、浪費が少なくなると言われます。
これは、使ったお金を「記録をする」事を意識することによって、お金を使う前に自分にとって本当に必要な買い物かどうかワンクッション考えるためです。
ダイエットに関しても同じことで、まずは自分の食生活を客観的に知る→摂取カロリーを抑える意識に繋がっていきます。

また、ダイエットに限りませんがどんなに良いものでも身近にないもの、すぐに手が届かないものはよっぽど意志が強くないと面倒になってすぐに使わなくなってしまいます。
持ち歩ける大きさのノートを手元に常に持ち歩いたり、スマホでの記録がおすすめです。

1食置き換えダイエット

ダイエットのストレスを軽減し、無理なく長く続ける

1食置き換えダイエットとは、読んで字のごとく「1食だけダイエット食品・メニューに置き換える」ダイエット法です。
そもそもダイエットが長続きしないのは、食事を抜いたりダイエット食に切り替えて「美味しさ」は二の次になってしまったりと、ストレスがかかることが原因です。
人間ストレスのかかることはやりたくないのが当然なので、最初は無理なダイエットができても、長く続ける事が難しくなってしまいます。

1食置き換えだとあとの2食は好きなものを食べるので(もちろん限度はありますが…)、ストレスが少なく続けやすいです。

置き換えるダイエット食は様々な種類のものがあり、自分の好みの物を食べるのが一番ですが、評価の高いものをご紹介します。

オルビス Kirei Charge Bar(キレイチャージバー)

化粧品で有名なオルビスより、こちらは美容バーになります。
栄養価、美容作用が高いと言われる“スーパーフード”として注目度の高いキヌアやチアシードのほか、フルーツ、穀物、ココナッツオイルやパンプキンシードなど、キレイとかかわりの深い16種の素材が入っています。
1本96kcal。しっとり・もっちりした食感で食べ応え抜群です。

実際のレビュー抜粋

  • ねっとりタイプで嫌でも良く噛まなければならない。良く噛む為か腹持ちが凄くいい。
  • 「バリッ」とする感じではなく「フワッ」とする感じのバー
  • 穀物系の食べにくさがかなり改善されていると思う。
    よくかみ締めるほど、旨みを感じる

アプリでダイエットサポート

ダイエットサプリメントは「飲むだけで痩せる」という事はなく、あくまでもサポートをしてくれるものです。
運動によって消費カロリーを増やすサポートをしてくれるもの、摂取カロリーをコントロールしてくれるものなど、成分によって効果は様々です。
自分に合った成分のサプリを摂取するのが、ダイエットの近道です。

消費カロリーサポート系

  • カプサイシン

    唐辛子の辛み成分の一種で、アドレナリン分泌を促進する働きがある。毛細血管の血行が良くなり発汗作用や脂肪分解効果が得られる。脂肪の「分解」を促す効果であって、脂肪を燃焼する効果ではない。動の効果を+@で高めてくれる。

  • L-カルニチン

    アミノ酸の一種であり、脂肪を燃えやすい形にして燃焼を促進する働きがある。特に運動前に摂取することで、運動による脂肪燃焼効果を促進できるとされている。牛肉の赤身に多く含まれる。

摂取カロリーサポート

  • キトサン
    エビやカニの殻などに含まれるほか、キノコや酵母、カビの細胞壁の主成分。
    油っこい食事に含まれる脂肪分の吸収を抑え、コレステロールを吸着し体外に排出させる働きがある。
  • α-シクロデキストリン

    馬鈴薯やトウモロコシのでんぷんから得られる、食物繊維の一種。
    食事中の余分な脂質や有害物質を包んで排出したり、糖質の吸収を抑える、便をやわらかくする、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えるなどの働きがある。

サプリの役割ははあくまでも「補助」です。
他ダイエットと合わせて摂取することで、効果を増大させることができます。

食べ順ダイエット

食べ順ダイエットとは、食べる順番を工夫することで血糖値の上がり下がりをコントロールし、ダイエット効果を得る方法です。
特定の食品を食べたり、制限するというものではないので、簡単で今日からでも誰でもすぐに始められる事が利点です。

食べる順番としては、

  1. 汁物
  2. 果物、野菜等の食物繊維
  3. 肉や魚などのタンパク質(メイン)
  4. ご飯などの炭水化物

この方法のポイントとしては、

  • 汁物の水分でおなかを満たす事
  • 野菜を先に食べる事によって血糖値の上昇と脂肪の吸収を抑える事
  • 炭水化物を空腹の状態で食べると血糖値が上昇するので最後に食べる
  • 事が重要です。
    家で食べるときだけでなく、外食の際にも順番を守り、「野菜を取る」「炭水化物を取る前に満腹感を得る」事がポイントになります。

    肩甲骨ダイエット

    肩甲骨の周りの筋肉は、体の中でも大きな筋肉ですが、この筋肉が凝っているとリンパの働きが活性化されず、ダイエット効果が出にくい場合もあるそうです。
    特に現代人はパソコンやスマホの多用により猫背になりやすい生活環境にあり、血流が悪くなることによって肩甲骨の歪みにつながってしまいます。
    肩甲骨周辺には脂肪燃焼をサポートし、熱を産出する褐色脂肪細胞が多くあるため、ストレッチなどで肩甲骨まわりを刺激すると褐色脂肪細胞が活性化されやすいといわれています。
    肩甲骨を鍛えることのみによって全身の脂肪がなくなっていく…というわけではありませんが、燃焼しやすい体つくり、また美しいボディラインを作るのに効果がありそうです。
    ストレッチによって肩甲骨のコリをほぐし背筋を鍛えて、基礎代謝を上げていきましょう。

    肩甲骨はがしでリラックス

        腕は軽く身体の横にたらし手を軽く握る
        手を持ち上げて肘を90度に曲げる。
        そのまま息を吸いながら、出来る限り肘を後ろに引いていく
        息を吐きながらゆっくり腕を前に伸ばす

    Follow me!