家事を大幅に時短!現代の「新三種の神器」を紹介

家事

現代版「新三種の神器」とは?

昭和時代の三種の神器といえば、

  • 白黒テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫

といった、戦後日本の豊かさの象徴を示すものでした。しかし、現代においての新・三種の神器は意味合いが異なってきます。
現代版三種の神器とは、

 

  • 乾燥機付き洗濯機
  • 食洗機
  • ロボット掃除機

 

 

の3つです。
これらの家電には、共通して絶対になくてはならない家電ではないけれど、家事にかける時間を大幅に減らしてくれるという特徴があります。

各家電の主なメリットは?

それでは、実際にこれらの家電の時間短縮以外のメリットは何なのかを検証していきます。

乾燥機付き洗濯機

夜仕事の後の重労働が軽減される

共働き&フルタイムの家庭ですと、朝に洗濯をかけて干す、という事が時間的に難しい場合が多いと思います。
特に子供がいた場合には、スムーズに準備が進む事はなかなかなく…手が回りません。
必然的に、平日の夜に洗濯をかける事になります。(うちの家庭もこのパターンです。洗濯物が後から出るのが嫌なので、全員風呂に入った後に回し始めるのが理想)

そうなると、うちの家庭のリズムですと

  1. 風呂から出る
  2. 洗濯をまわす
  3. 子供をなんとか寝かしつける
  4. その間に終わった洗濯を干し始める

という流れになるのですが、寝かしつけの後の洗濯干しってかなり辛いです。
自分も眠くてこのまま子供と一緒に寝てしまえたらどんなに楽か…という状況で残っている家事って、精神的にきついものがあります。
実際疲れてまだ干してないのに寝落ちしてしまうこともしばしばありますが、心の片隅にはやらなきゃいけないという義務感が残っているので、大体夜中に目が覚めます。そんな時は何もかも嫌になりながら、せこせこ干し始めます(涙)

この工程を家電におまかせできるのは、個人的にとても有難い点です。

天気を気にする必要がなくなる

雨で気温が低い時や梅雨時、冬には洗濯物の干し場所に悩みます。
室内干し用のグッズを使用したり、部屋の掛けれる所に干したりと対策も出来ますが、何日も続くと面倒なものです。
また、部屋の広さがあまりない家庭も多く、室内に洗濯物が大量にある状況自体あまり気持ちの良いものではありません。

乾燥機付きですといちいち天気をチェックして洗濯物の量や内容を変えたり、干し場所を考えたりといった手間がなくなります。

食洗機

手荒れが少なくなる

これ、肌の弱い主婦にとっては本当に大きなメリットだと思います。
私も手があまり強い方ではなく、数回続けてお湯+通常売っている普通食器用洗剤で洗うと、あっという間に手が荒れ果てます。
肌のきめがなくなり見た目が悪くなるだけでなく、あかぎれもできて非常に痛い思いをします。

ちなみに食洗機で洗ってはいけないものとして、

  • 包丁
  • テフロン加工のフライパン
  • 細かい装飾等のある、デリケートな食器

等があり、完全に手洗いがなくなる訳ではないのですが、量は全く違うので毎回の手洗いよりも格段に手荒れは減ります。

油汚れがとてもきれいに落ちる

油汚れを落とすには結構な労力とお湯を使います。
特にひどい汚れの際は、私の場合
しばらく湯につけ置き→(ひどい場合には重曹を入れて少し沸騰)→スポンジでこすり洗い→お湯で洗う

という工程で行いますが、このこすり洗いの手間とお湯の量が結構バカになりません。
最近は手洗い用のこすり洗いをしなくて良い洗剤も発売されていますが、食洗機にお任せするとほぼ何もしなくても驚くほど綺麗になります。
私のようなズボラ人間であれば、手で洗った方がよっぽど洗いとすすぎ残しがあるくらいなので、本当に楽をしています。

ちなみに、食洗機に食器を入れる前に軽く汚れを落とす予洗いが推奨させることもあるのですが、私は食洗機を使い始めてから予洗いを一回もしたことがありません。精々野菜のクズや食べ残しを捨てておくくらいです。
しかし、汚れが落ちていなかったという事はほとんどありませんでした。
(唯一、スプーンなど取りにくい面にこびりついたご飯は残っていたことがあります)

汚れの強いものほど、食洗機の威力と有難さを感じることが出来ます。

ロボット掃除機

自動でいつも清潔な部屋をキープできる

共働きだと掃除機をかけられる掃除機をかけることが出来るのは朝か夜のみという事が多いと思います。
しかし、朝は何かと忙しく時間はないし、夜に仕事から帰ってきて掃除機をかける気力はなかなか出ません。何より、騒音の問題があります。
結局平日はなかなかかける機会がなく、土日にまとめて掃除、という家庭も多いと思います。

全自動ですと、予約しておけば昼間でも自動で綺麗にしてくれるので、手間がありません。
家から帰ったら綺麗な環境、というのはかなり精神的に気持ちが良いと思います。
ちなみに、私は平日は掃除は一切せず、割り切って土日にまとめて行っていました。案外何とかなるものですが、やっぱりほこりや汚れはどうしても溜まります。

部屋に置くものが少なく、スッキリする

これはある意味デメリットも兼ねていますが、床に物が多ければその分ロボット掃除機の邪魔になります。
効率は落ちるし、掃除できない箇所が増えてしまいます。
それを防ぐためには、必然的に床から物を減らすしかないので、見た目にもすっきりした部屋になります。余分な物を減らすことが出来れば断捨離にもなり一石二鳥です。

短縮できる時間は?

それでは、実際にこれらの家電を使うとどのくらいの時間が短縮できるのでしょうか。
各家庭の人数や生活スタイルによっても大きく変わってきますが、ここでは全て筆者の家庭
30歳 大人2名+保育園児の2歳半の子供1人=計3人を例に計算してみます。

・乾燥機付き洗濯機
保育園に行っている子供と、毎日作業着を着替える大人が各1名いるため、平日は1日1回洗濯必須。
休日も、天気が崩れたり干場が狭い関係で溜めるとやっかいなので、ほぼ毎日洗濯をします。

洗濯にかける全ての時間は、大体

  • 洗濯をかける(30分)
  • 洗濯物をカゴに移す(3分)
  • 干す(15分)
  • 取り込む(5分)
  • ハンガーからはずす(3分)
  • 畳む(15分)
  • 畳んだものの片づけ(10分)

となります。このうち赤色の作業が乾燥機付きの物だと省略されるので、3+15+5+3分=26分は確実に短縮できます。
乾燥後洗濯機から出して畳まずに、使うものだけその都度出して使用するなら、畳む+片づけも省略可能かと思います。

一か月だと26分×30日=780分=13時間の短縮が可能。
一年だと13時間×12=156時間の短縮になります。

・食洗機
共働き家庭の為朝ご飯分+夜ご飯分の計1回を毎日まわす計算とします。
手で洗い物をした場合の時間は、

  • 朝→5分
  • 昼→10分
  • 夜→15分

とし、合計で1日30分とします。

一か月だと30分×30日=900分=15時間の短縮可能。
一年だと15時間×12=180時間の短縮になります。

・ロボット掃除機
二日おきに掃除機をかけて、一回20分とします。
一か月だと20分×15日=300分=5時間の短縮可能。
一年だと5時間×12=60時間の短縮になります。

数字にしてみると、かなりの時間が短縮できるのが分かります。
一回一回はそこまで時間のかからない家事ですが、塵も積もれば…です。

各家電の人気機種

2019年5月現在の、人気機種をご紹介させていただきます。
食洗機

取付工事不要で、コンセントを差して水をタンクに補給するだけで使えるのが大きな魅力です。
通常行う、分岐水洗の工事作業も必要なく、すぐに使用できます。

メーカー:エスケイジャパン
収納食器数:食器12点/小物12点
1~2人用

パナソニックより2018年10月発売の新しい機種です。
洗い上がりや乾燥効果を高めたいときに最適な「高温除菌」ができ、洗剤の酵素パワーを引き出し汚れを落とす「酵素活性化洗浄」を採用しています。
小物やお弁当箱など軽いものがセットしやすい「ちょこっとホルダー」が搭載されています。

メーカー:パナソニック
収納食器数:40点
4~5人用

乾燥機付き洗濯機

洗剤の力を引き出し、繊維の奥の汚れに効く「泡洗浄」機能を搭載した、ななめドラムの洗濯乾燥機です。
布量センサーで衣類の量と質を見分け、自動で節電する「エコナビ」付き。
槽の黒カビ発生を抑える「自動お手入れ」機能や、新乾燥フィルター・新排水フィルターで糸くずの手入れも簡単です。

メーカー:パナソニック
洗濯容量:10㎏
サイズ:639×1021×722 mm

高速風でシワを伸ばす「風アイロン」でアイロンがけの手間を減らしてくれます。
「センサービッグドラム洗浄」を搭載し、たたき洗いの効果が最大になるように、ドラムの回転数をコントロール。
こちらも洗濯槽の見えない部分の汚れも菌も洗い流す「自動おそうじ」機能付きで、お手入れも楽です。

メーカー:日立
洗濯容量:10㎏
サイズ:630×1050×715

ロボット掃除機

ボタン1つで掃除をスタート。
「高速応答プロセス iAdapt」のセンサーが部屋の状況を把握し、部屋のすみずみまでくまなく清掃してくれます
洗えるダスト容器で、お手入れも簡単。
Wi-Fiに接続すれば、スマートフォンからも操作でき、スケジュール管理、清掃状況、清掃履歴の確認ができます。

掃除が終わると本体のダスト容器のゴミをクリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出するロボット掃除機。ゴミ捨ての手間が省け、ホコリが舞い散りません。
「Imprint スマートマッピング」により、部屋の状況を学習・記憶し、最適な清掃パターンを選択。リビングからキッチンへのルートなども賢く判断してくれます。

中古商品は意外に穴場

どれも大きな買い物なので、お値段もそれなりの金額になってきます。
意外におすすめなのがメルカリやジモティー等で中古商品を購入することです。
私も、食洗機に関してはメルカリで中古の物を購入しました。
もちろん、状態の見極めや付属品の有無をしっかりと確認することは絶対条件ですが、意外とあまり使用されていない状態の良いものを割安で得ることも多いです。


メルカリで食洗機で検索してみた結果です。結構な数の商品が出品されているので、自分の欲しい機種があったら一度検索してみてはいかがでしょうか。

ただし、中古品に関しては送料は購入者が負担することの方が多いかと思うので、それもふまえて新品との比較をした方が良いかと思います。

Follow me!

コメント