冷蔵庫を2人用→3人用に買い替えたらめちゃくちゃ時短になった

家事

我が家の例倉庫を買い替えて、一ヶ月経ちました。
特に誰の役にも立たないであろう今回の購入経緯ですが、現在のあまりの快適さにこの喜びと経緯を誰かに伝えたいので、まとめてみます。

5年間使った冷蔵庫 シャープ「SJ-23X-S」

今からちょうど5年前、一人暮らしするのを機に買ったのがシャープの「SJ-23X-S」という冷蔵庫です。

2ドアで、上が冷凍庫、下が冷蔵庫のみというシンプルなもので、容量は225L、1~2人用でした。

もちろん一人暮らしには何の問題も不満もなく使い続け、やがて結婚し二人暮らしになっても、特に問題ないだろうという私の意見により引き続きしました。
二人ぐらしになると、さすがに作りおきを大量に入れておく…という事は少しずつ難しくなってきましたが、特に不満を抱かず使いました。

子供が産まれてから問題多発

問題は、子供が産まれて三人家族になってからでした。
赤ん坊で大人と同じ食事じゃないんだからまだ大丈夫だろう、と思っていたのですが、冷蔵庫の容量不足により様々な問題が出てきました。

①買い物になかなか行けないのに、まとめ買いしても入らない

子供が赤ん坊の時は、こまめに買い物なんて行けません。自分の体力低下に加え、ふにゃふにゃの赤ん坊を抱え荷物も持つことはかなりの重労働です。
買い物の手間と回数を減らしたかったので、ネットスーパーか、夫が休みの時に付き添ってもらってまとめ買いをしていたのですが、冷蔵庫に入らない!!

2ドアなので、もちろん野菜室なんてありません。
冷凍庫も製氷スペース込みで、決して広くありません。
1~2日分の買い物だけで、あっという間にスペースがいっぱいになってしまうのです。
仕方がないので、肉魚等優先順位の高いものを購入し、なくてもいらないものはそもそも買わずにぎゅうぎゅうスペースで頑張りました。(これはこれである意味節約になっていた…のかも?)

②離乳食及び作り置きのタッパーが入らない

①の買い物容量不足のため、料理が出来るうちに作り置きしておこうと思っても、タッパーが入らないので保存が出来ません。
どうにもならず、基本的につくり置きはせず、してもミニマムタッパーに入る量だけ作ったりしました。

③野菜室がないので冷蔵庫内がぐちゃぐちゃ

野菜室がないので入るスペースに入るものを入れる、という私の収納力の低さを露呈する滅茶苦茶な入れ方をしていたので、冷蔵庫内は定位置というものがなくいつもぐちゃぐちゃな状態でした。
たまに頑張って整理するも、料理もど下手で出す→もとの場所に綺麗に収納する、という工程が面倒でつい適当に入れてしまい、物の位置が常に変わったり、汁がこぼれたりと大変不衛生な状態でした。

④氷が手動精製で面倒

今では当たり前である氷の自動精製ですが、この冷蔵庫は手動精製でした。
普段は特に不満ありませんでしたが、忙しい時に夫が最後の氷を使って製氷皿に水を入れていない事がしょっちゅうで、イライラと喧嘩のもとでした。

これだけの問題と不満が噴出しても、まだ「不便ではあるけど、今何とかはなってるし、冷蔵庫は高いし冷えて使えるので買い替えはもったいない」という頑なな私の意見により、新しい冷蔵庫の購入は全く考えませんでした。

ヨーグルト水漏れ事件

そんな私でもさすがに買い替えを考えたきっかけが、ヨーグルトの漏れによる冷蔵庫の故障です。
というのも、「ヨーグルトメーカー」を使ってせっせとヨーグルトを自家作成していたのですが、大雑把なため気付かないうちにこぼれてしまっていることがよくありました。
それがドアのパッキンにつまって固まりドアが閉まりきらない→冷気が漏れる→背面から常に水がチョボチョボと出てくる、という事態を引き起こしてしまいました。
ヨーグルトが原因だったと気づいたのはかなり後で、水漏れが起こりだしてから中身を少なくしたり、ドアポケットを拭いたり、修理に見に来てもらいましたが状況は改善せず。

水受けはこんなタイプで、ドライバーでねじを外し水受けを取るのですが、あまりの頻度の大きさに面倒になり、仕方がないので灯油用のポンプを購入し水を抜いていました。

ちなみに、水抜きを2日サボっただけで、なんと水受けから水があふれ出てしまい床が濡れ、転居の際床の修繕費を支払う羽目になりました。範囲は狭く管理会社も良心的だったので約2万円の出費でした。
とっとと冷蔵庫を買い替える方がどう考えてもよかったです………。

限界を感じ、購入へ

毎日の水抜きの手間まで増えてしまったことに限界を感じ、ついに重い腰を上げ新しい冷蔵庫を探し始めました。
一応メルカリやジモティーもちらっと探したのですが、めぼしいものが見つからず、配送料もバカにならないのですぐに断念。
家電量販店を3件ほどまわりました。

ここでカルチャーショックを感じた点が何点か。

中間金額の商品がない

家電量販店に用事がないので、ここ数年全く店に行っていなかったのですが、機能と価格が中間層の商品があまりない事に衝撃を受けました。
基本が大体10万円前後で、20万くらいの商品が霧ヶ峰(これしか知らない)とかの高級機能付きのもの、くらいの認識でいたのですが、
1~2人用→10万前後
3~4人用→15万円~30万
というようにはっきりと価格帯が別れていたことに驚きました。

ドアと引出がいっぱいある

私の認識が平成初期で止まっているという話なんですが。
氷室や解答冷凍?室など、とにかくたくさんあって驚きました。機能もエコプラズマ??などハイテクなものが多く浦島太郎状態です。
冷蔵&冷凍の2部屋で長年まわしていた私にはいまだにたくさんの部屋は使いこなせていません。

1部屋が大きい

機種によって大きさの差はありますが、3人以上用の冷蔵庫はどれも1部屋のスペースが大きく、なんでも入ります。
地味に嬉しいのが野菜室が大きいことで、こんなに野菜食べられないよ~というくらい入ります。
キャベツとレタスを各1玉ずつ楽々入れられるのが…もう嬉しい…。

結局、何件かまわりコジマにて展示品を様々なオプションをつけ格安で買うことが出来ました。機種はこれです。
シャープ SJ-W411E

展示品で安かったというのもありますが、

  • 容量の割に横幅がスリムな為圧迫感が少なかったこと
  • 両開きドアで今後引っ越しをしても置き場所に困らないこと
  • ドアポケットの位置が自分にとって使いやすい配置だったこと
  • 開け閉め具合がなんか気に入ったこと

が決め手でした。
なんだよ最後の理由は、と思いますが、意外と自分の背丈とのバランスや開けるときの取っ手の位置など、しっくりこない感覚はすぐに感じるので、毎日使う大きな買い物はできるだけ自分の目で見て実際に触って確かめることが一番だなと感じます。

また、展示品は抵抗のある方もいるかもしれませんが、実際に使用しているわけではないので綺麗ですし、かなりお得な値段で購入できるので自分が気に入るものがあれば本当におすすめです。

とにかく、細かい交渉は夫が請け負ってくれたので内容は不明ですが、現金で約9万円の価格にて無事購入したのでした。

搬入前日に水抜き&中身を空にする

古い冷蔵庫は念のためリサイクルショップ等に売れないか聞いてみたのですが、年式が古く(2013年製でした)売り物にはならないとの事だったので、大人しく搬入の際にリサイクル料を支払い引き取ってもらうことにしました。
ちなみに小島で引き取り・リサイクル料は約6000円でした。
引き取りの際には中身を空にする必要があるので、1週間前から不急の買い物は控え、なるべく中身を減らしたり肥やしになっていた謎の食材を捨てたりと準備していきました。

前日になり、これで最低限!と思っていた食材の量も、保冷バッグに入れてみると意外と多かさばるもので、ジッパーがしまらなかったので保冷アイスを上の方にぶっこんでおき仕方がないので放置という荒業でのりきりました。
4月だったからなんとかなった(冷凍のものは1部なんとかなりませんでした。捨てました)ものの、真夏だと絶対になんとかならないので、きちんと保冷鞄の容量を確認し、とにかく容量を最低限にすることをおすすめします。
また新しい冷蔵庫に入れ直す手間もありますし。
ちなみにうちにはクーラーボックスがなく買うつもりもなかったので、小さい保冷鞄×2で乗り切りました。

搬入&引き取りの日…一抹の寂しさ

容量は小さく、氷は自動でできず、さらに水漏れし多大なる手間をかけさせられた冷蔵庫ですが、長年毎日の暮らしをともに過ごした仲です。
搬入直前になり空の冷蔵庫を見て初めて、「あー、お別れなんだな。今までぞんざいに扱ってきて、申し訳なかったな…」と寂しさが襲ってきました。
内部の掃除もサボりまくっていましたが、最後にしっかりと綺麗にしお礼を言って、古い冷蔵庫はトラックで引き取られていきました。

搬入された新しい冷蔵庫は今までの物より頭1~2つ分大きくなりましたが、横幅約65㎝とあまり置きすぎないものにしたので、大きな圧迫感は感じません。

大きな容量の冷蔵庫にしてよかったこと

とにかく物が入る

とにかくこれに尽きます。
今回購入した冷蔵庫は412Lで、決して大容量という部類ではありません。
ビックカメラの公式サイトによると、ギリ3~4人向けというところです。


今気付いたけど、これによると今迄使っていた225Lは一人用だったのか!!

 
鍋に入ったままの残り物やタッパーも楽々入ります。
容量を気にせず作ったり買い物ができるのは、最高です!!

料理がしやすくなった

冷凍・冷蔵・野菜それぞれに部屋があるので、純粋にたくさん入るだけでなく物がどこにあるのかの把握がとてもしやすくなりました。
これができていないと、料理中にどこに何があるかわからないので探すため効率が非常に悪くなったり、探している間に火をつけっぱなしで焦げたり、同じ商品を買ってしまい無駄に繋がりと、ズボラ人間には百害あって一利なしでした。
欲しいものがサッと取り出せることによって無駄な手間が省け、料理が非常にしやすくなり、料理上手になった気すらします。

小さい冷蔵庫で我慢していて、買える環境ならすぐにでも買い替えた方が良い

私のような理由で冷蔵庫を買い控えている方はそうそういないと思いますが、もし「小さい冷蔵庫がまだ使えるから我慢してなんとか使っている」という状況であるならば、1日でも早く適正の冷蔵庫に買い替えることをおすすめします。
最初の数日間は配置やドアの多さに慣れず違和感を感じましたが、あっという間に便利さの虜になりました。
特に、料理がしやすくなった事は買う前には気付かず、そして一番嬉しい効果でした。
今ではもっと早く買い替えておけばよかったと思っています。

サイズが大きくなるから狭くなる…という点は否めないですが、意外と横幅がスリムな物も何種類かあったので、実際に見てみるとそこまで圧迫感を感じないものもあるかと思います。

整理整頓上手は、本当に料理上手に繋がります。
冷蔵庫の買い替えを迷っている方は、ぜひ検討してみてください。

Follow me!

コメント